投稿日:2023年5月8日

舗装工事の施工管理とは?業務内容をご紹介!

こんにちは!
ライン工事を中心に、道路工事などの舗装工事を得意とする武和道路株式会社です。
岡山県倉敷市に事務所を構えており、県内各地での工事依頼を承ります。
今回は、安心して工事をお任せいただくために必須の管理業務「舗装工事における施工管理」についてご紹介します。

土木施工管理

重機と工事中の道路
施工管理は舗装工事の中で最も重要な業務の一つです。
国家資格である施工管理技士資格を持つ者が担当します。
このポジションは工事現場において、土木施工の計画、組織、および実際の工事に関連するタスクを実施することが求められます。
施工スケジュールの管理、製造と購買の調整、安全管理、施工現場のスタッフの管理など多くの役割を担うのが施工管理技士です。
この施工管理が徹底されていないと、現場に混乱が生まれ、工事をスケジュール通りに進める事ができなくなってしまうでしょう。
施工管理者は現場のリーダーとして、責任をもって管理を行っています。

技術的なサポート

施工管理者は、工事現場で技術的な問題が発生した場合に、施工スタッフへのサポートも行います。
これには、設計図の改訂、技術的なアドバイス、施工方法の改善などが含まれます。
施工管理者は、施工スタッフが安全に作業できるように、工事現場の状況を監視し続けることも重要な業務の一つです。
施工スタッフのサポートをするためには、施工に関する知識や経験が豊富である必要があります。

費用管理

施工管理者は、工事にかかる費用も管理しています。
材料と労働費用の管理、施工スケジュールに沿った予算の管理、費用のレポート作成などが含まれます。
施工管理者は、予算内での施工を実現するために、施工スタッフと協力して効率的な施工方法を探求することが重要です。

品質管理

施工管理者は、工事における品質を保証することが求められます。
工事における品質とは、「施工結果がお客様の求める要望を満たしているか」「その他安全に関する基準をクリアしているかどうか」などを指します。
従って、品質が低下し、信頼を失ってしまわないよう、お客様に提供する工事の品質には一層こだわりを持っているのです。
あらゆる面に配慮し柔軟に対応できる施工管理技士がいれば、安心して工事を任せられます。

お仕事のご依頼は武和道路株式会社まで

電卓を打つ手
ライン工事や各種舗装工事の依頼をご検討中の方は、ぜひ弊社へお申し付けください。
岡山県のインフラ整備の担い手として、県内どこでも迅速に対応いたします。
補修・修繕工事も承っておりますので、舗装のことならなんでもお任せください!
ご相談やご依頼をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

武和道路株式会社
〒710-0034 岡山県倉敷市粒江2059番地
TEL:080-2941-6905 FAX:086-441-5631
※営業電話固くお断り


関連記事

スイーパー納車( ^^)/

スイーパー納車( ^^)/

2021年6月16日(水) —————& …

弊社の主力業務「舗装工事」についてご紹介いたします

弊社の主力業務「舗装工事」についてご紹介…

弊社は昭和48年の創業以来、多くの実績を積み重ねてまいりました。 今回は、弊社の主力業務である舗装工 …

早島地内 舗装工事

早島地内 舗装工事

早島地内にて舗装工事を行いましたので、その様子をご紹介します。 早島地内 舗装工事 …

お問い合わせ  採用情報