投稿日:2023年3月15日

ガードレールの新設工事の方法とは?

こんにちは!
岡山県倉敷市に事務所を構え、ライン工事・舗装工事などの道路工事を得意としている武和道路株式会社です。
今回は、ガードレールの新設工事の方法についてご紹介します。

ガードレールとは

住宅の駐車場
ガードレールは、一般道路や高速道路などの道路脇に設置され、車両が脱線した場合に防止する目的で使われる安全装置です。
ガードレールは、車両の衝突から乗客を守ることができるので、道路交通の安全確保に重要な役割を担います。
普段何気なく見かけるガードレールですが、このように私たちが安全に暮らす上で大変重要な役割を果たしていることが分かります。

新設工事前の準備

ガードレールの新設工事には、設置場所の確認、道路規制などの合法手続き、材料の選定などが含まれます。
まずは、設置する場所の確認を行い、道路規制や土地所有権などの問題をクリアすることが大切です。
次に、適切なガードレールの種類を選び、材料を調達することが必要です。
ガードレールを新設する際には、このように行うべき準備がいくつかあります。
準備を怠ると適切で安全なガードレールを取り付けることができず、歩行者や車両を危険にさらしてしまう可能性がありますので、事前準備を軽視しないようにすることが大切です。

施工方法

ガードレールの新設工事には、基礎工事、支持部材の設置、ガードレールの設置などが含まれます。
基礎工事で行うのは、基礎となるコンクリートブロックの設置です。
支持部材を設置することで、ガードレールが安定して固定されます。
最後に、ガードレールを設置することで新設工事は完了します。

保守・点検

ガードレールの新設工事が完了した後も、定期的な保守や点検が必要です。
土地の沈下や地震などによって、ガードレールが傾いたり動いたりする場合があります。
そのため、定期的にメンテナンスを行うことで、問題が起こったとしてもすぐに気づくことができ、歩行者や車両を危険にさらす可能性が低くなります。

お仕事のご依頼は武和道路株式会社まで

電卓
岡山県で道路工事や舗装工事、ライン工事をお考えの方は、弊社にお任せください。
インフラ整備のプロフェッショナルとして、道路の困り事を解決いたします。
安心して使える道路の工事を、舗装工事の専門家として担当いたします。
お問い合わせページ、もしくはお電話でお気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

武和道路株式会社
〒710-0034 岡山県倉敷市粒江2059番地
TEL:080-2941-6905 FAX:086-441-5631
※営業電話固くお断り


関連記事

バックホー納車

バックホー納車

12月13日(木) こんにちは( ^^)/ 本日は、午後から『バックホー』の納車が行われました。 ピ …

新元号

新元号

4月2日(火) 新年度初日の昨日は、 何よりも新元号の発表の日という事で 話題一色(^-^*) 新し …

大黒様

大黒様

8月23日(金) 今日、弊社の新たなシンボル 『 大黒様 』の 石像の建立が行われました! 朝一番で …

お問い合わせ  採用情報